【マイナンバーカードで25%ポイント還元】マイナポイントって?取得方法は? | ちぇりっしゅライフ

【マイナンバーカードで25%ポイント還元】マイナポイントって?取得方法は?

2020年9月1日から「マイナポイント」がスタートします。

マイナポイントは総務省が発表したマイナポイントサービスで、今注目されています。

10%増税に伴う景気の落ち込み対策、マイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の普及などを目的として期間限定で実施され、所得や年齢に関係なく、マイナンバーカードを持っていて、キャッシュレス決済利用者であれば、誰でもマイナポイントを取得できるチャンスがあります!

今回は、マイナポイントの

・メリット

・デメリット

・取得方法など

についてまとめてみました。

マイナンバーカードによるマイナポイント還元について

マイナポイントとは、マイナンバーカードを所有している人が、キャッシュレス決済で買物をした際に、もらえるポイントです。

マイナポイントの還元率は25%で、ポイント上限は、1人当たり最大5,000円です
最大で、20,000円を支払えば、25,000円分の買い物をすることができるということです。

ポイント還元の方法は、2パターンあります。

★チャージするときに、ポイントを付与

★買い物するときに、ポイントを付与

※ポイントの付与は、決済から2ヶ月以内。
※ポイント有効期限は付与されてから最低3ヶ月です。

マイナンバーカードがない場合は、まずマイナンバーカードを申請しましょう。

その後、マイナンバーカードが届いたら、マイナポイントの予約(マイキーID設定)申請をします。

付与されたマイナポイントは、選択したキャッシュレス決済で買物に利用できます。

期間はいつからいつまで?

マイナポイント申込:2020年7月1日~

実施期間:2020年9月~2021年3月まで

注意

マイナポイントの予約は予算上限に達した場合、
実施期間内であっても早い内に締切となる可能性があります。

早めにマイナポイントの予約をしよう!

あおい

だれでも対象になる?

条件を満たす人が対象です。

★マイナンバーカードを取得している

★マイナポイントを予約している

年齢条件はないので、子供や赤ちゃんでも対象です。

お子様がいらっしゃる方は、子供のマイナンバーカードを取得し、手続きをすれば、
お子様の分のマイナポイントも取得できます。

マイナンバーカードがない場合は、まずマイナンバーカードを申請しましょう。

その後、マイナンバーカードが発行されたら、マイナポイントの予約(マイキーID設定)申請をします。

付与されたマイナポイントは、選択したキャッシュレス決済で買物に利用できます。

MEMO

※マイナンバーカードが発行されるまで、約1ヶ月程度の時間がかかるので早めに申請しましょう。

マイナポイントのメリット・デメリット

マイナポイントにメリット・デメリットはあるのか見ていきましょう。

メリット

メリットは、最大5,000円分のポイントがもらえるということです。

ポイント還元率25%は高還元率ですよね!

キャッシュレス決済を任意に選べるので、受け取りたいポイントを選べるということも嬉しいポイントです。

れい

キャッシュレス決済の選択肢の中にクレジットカードもOKなのも嬉しいポイントだよ。

良く利用するお店の電子決済は、何に対応しているのかチェックしてみるといいね!

あおい

デメリット

・マイナンバーカードの申請が必要

マイナンバーカードを持っていない人は、
申請して取得しなければいけないので、時間がかかります。

申請してから発行まで、最低約1ヶ月ほどかかるようなので、
マイナポイントを考えている方は、早めに申請をしましょう。

・マイナポイントの予約

マイナポイントの予約が面倒に感じるかもしれません。
個人情報が絡むことなので、パスワードやIDなどと色々厳しいです。
パスワードを忘れてしまっている人はまた手続きをしないといけません。

でも、面倒な手続きをした後は5,000円がもらえると考えればお得ですね!

注意

マイナポイント申請は、通知カードではなく、マイナンバーカードを保有している方のみです。

マイナポイントはマイナンバーカードを持っているだけではもらえません。
必ず予約もしておきましょう。

マイナポイント還元情報

登録できるキャッシュレス決済は多数あります。

QRコード、電子マネー、プリペイドカード、クレジットカード、デビットカードなどほとんどのキャッシュレス決済が対応可能となっています

「チャージしたとき」「買い物をしたとき」のどちらかでポイントがもらえます。

ポイント付与の還元方法やタイミングの一例を見てみましょう。

スマホ決済(QRコード決済)

スマホ決済 還元方法 付与タイミング 有効期限
PayPay チャージ
買い物
チャージと同時
支払いの翌日から30日後
なし
楽天Pay 買い物 ご利用月の翌々月の末頃 1年間(※1)
LINE Pay 買い物 売上確定時点 180日
d払い チャージ
買い物
チャージと同時
決済と同時
48ヶ月
メルペイ 買い物 メルカリの取引完了・
メルペイでの支払い完了の翌日
120日
au PAY チャージ 最大数時間程度
ゆうちょPay 買い物 支払完了の2日後 1年間
FamiPay チャージ チャージ後3日以内を目途
J-Coin Pay 買い物 決済から30日後に付与

※1 最後にポイントを獲得した月を含め1年間。
期間内に1度でも楽天ポイント(通常ポイント)を獲得したら、
その月を含めた1年間有効期限の延長がされます。

電子マネー

電子マネー 還元方法 付与タイミング 有効期限
Suica(※1) チャージ (近日公開予定) 2年間(※2)
楽天Edy チャージ チャージをした翌月10日 なし(※3)
nanaco チャージ チャージした2~3日後 翌々年の 3月末日
WAON チャージ 翌月の末日頃に付与
PASMO チャージ 対象チャージ合計額が2万円に
到達した月の月末から3か月後
通知メール記載
ICOCA チャージ チャージ累計2万円に達した
月の翌月または、期間終了後
manaca チャージ 2万円に達し次第随時。
または、期間終了時
Kitaca チャージ 月末締め翌月付与

※1 Suicaは、ポイント付与にあたって事前に会員登録が必要。
※2 最後にポイント残高が変動した日から2年後の月末。
※3 受取期限は2021年8月31日まで。受取後は有効期限なし。

クレジットカード

クレジットカード 還元方法 付与タイミング 有効期限
楽天カード 買い物 翌々月で想定 1年間(※1)
dカード 買い物 売上情報の確定が
できたタイミング
48か月
三井住友カード 買い物 累積2万円
または、期間終了後
オリコカード 買い物 毎月締翌々月に付与 12ヵ月後の月末
エポスカード 買い物 月間1回対象期間の利用分に
対してまとめて付与

※1 最後に楽天ポイントを獲得した日から1年間

れい

独自のキャンペーンを行っているところもあるよ。
自分にお得な決済方法を選び、ポイントをゲットしましょう~

マイナポイントの予約方法

マイナポイント還元では、マイナンバーカードを取得するだけでなく、
マイナポイントを予約する必要があります。
マイナポイントを予約すると、マイキーIDが発行されます。

マイナポイントの予約は、iPhone、Android、パソコン、
各手続きスポットで行うことができるよ。

あおい

iPhone、Androidでは、専用アプリをダウンロードします。

パソコンからは「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールして予約します。

①マイナンバーカードのパスワード(暗証番号)を入力する

②マイナンバーカードを読み取る

③マイナポイントをもらう決済サービスを選択する

④利用規約を確認する

⑤申込情報を確認して申込

⑥マイナンバーカードのパスワード(暗証番号)を入力

⑦マイナンバーカードを読み取る

⑧申し込み情報を確認して完了

⇓詳しくはこちらから⇓

まとめ

今回は、マイナポイントのメリットやデメリットの、取得方法などについてまとめてみました。

マイナポイントは、1人当たり最大5,000円のポイント還元です。
とってもお得ですよね。

マイナポイントの還元を受けるためには、マイナンバーカードの取得、マイナポイントの予約(マイキーIDの作成)、マイナポイントの申し込みが必要です。

マイナンバーカードがない人は、申請から発行まで約1ヶ月程度かかるので、早めに申請をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です